機種変更時は必見!iPhoneのデータを移行する方法とは?

新たなiPhoneを購入した際にするべきことといえば、旧機種からのデータ移行です。ダウンロードしたアプリ、保存してある写真や動画などデータを引き継ぐことで、新機種を不便なく利用できます。

しかし、どのようにデータを移行すればよいのか、わからない方もいるでしょう。そこで、この記事ではiPhoneのデータを移行する方法をご説明します。iPhoneを機種変更したときの参考にしてください。

iPhoneのデータ移行の方法は3種類

iPhoneのデータを移行する方法は、以下の3種類があります。

・新旧の機種で移行(Bluetooth、Wi-Fiを活用)

・iCloudを利用して移行

・iTunesを利用して移行

以上のデータ移行の方法において、最も手軽なのは、新旧の機種をBluetoothやWi-Fi接続によるデータ移行でしょう。iOS11以降から旧機種での設定を利用して新たなiPhoneにデータを移す方法ができるようになりました。

iCloudを利用してデータの移行を行う際は、パソコンが不要です。イメージとしては、旧機種のデータをクラウドに一時的に保管して、新機種に移す流れとなります。

パソコンを持っている方は、iTunesを利用してデータを移行することが可能です。流れとしては、iCloudを利用する場合と同様です。

iPhoneのデータ移行をする前にすること

ここからは、iPhoneのデータ移行をする際の準備についてご説明します。

・新旧の機種で移行する場合

→Apple ID、パスコード、旧機種を最新のOSにバージョンアップ

・iCloudを利用して移行する場合

→Wi-Fiをオン、iCloudバックアップをオンにしてバックアップを取る

・iTunesを利用して移行する場合

→iTunesで自動同期をオフ、iPhoneとパソコンを接続してバックアップを取る

以上のほかに、全てのデータ移行の方法で次の準備作業を行ってください。

・新機種を最新のOSにバージョンアップする

・LINEなど、引き継ぎが必要なアプリの作業

・Suicaを利用しているときは、旧機種から削除する

・ストレージ容量の確認(新機種が旧機種よりストレージ容量が少ないと移行できないデータがでてくることがある)

以上の事前準備を終えたら、いよいよ新機種にデータを移行していきます。LINEの引き継ぎやSuicaに関しては、公式サイトも参考にしてみましょう。

あんぜん引き継ぎガイド|LINE

端末の変更|Suica

iPhoneのデータを移行する手順

ここからは、iPhoneのデータを移行する手順をご説明します。

新旧の機種で移行する場合

新旧の機種でデータを移行する場合の手順は、以下のとおりです。

  1. 新機種の電源を入れて旧機種の近くに置く(新機種は初期化されていることが前提)
  2. 新機種の電源を入れると言語選択画面が表示されると、旧機種では「新しいiPhoneを設定」という画面が表示される
  3. 旧機種で設定を「続ける」をタップして、新機種で表示される円形のアニメーションを旧機種で読み込む
  4. 新機種で旧機種のパスコードを入力する
  5. 新機種でFace IDやTouch IDの設定を行う
  6. データの移行が開始される

以上のように、新旧の機種でデータを移行する手順はそれほど難しくありません。ただし、Wi-FiやBluetoothの接続が安定していることが大事です。

iCloudを利用する場合

iCloudを利用してデータを移行する際は、旧機種のデータをiCloudに保存(バックアップ)することから始めます。

iCloudにバックアップを取る手順は、以下のとおりです。

  1. Wi-Fi設定をオンにする
  2. 「設定」からユーザー名をタップ
  3. 「iCloud」、「iCloudバックアップ」の順にタップ
  4. 「今すぐバックアップを作成」をタップ

以上の手順でバックアップを作成したら、新機種にデータを移行します。

  1. 新機種の電源を入れて画面表示に従って進む
  2. 「Appとデータ」という画面になったら「iCloudバックアップから復元」をタップ

以上の流れで、データ移行の完了を待ちましょう。iCloudを活用するときは、Wi-Fi環境下になります。パソコンは不要ですが、通信環境が整っている場所で行ってください。

iTunesを利用する場合

iTunesを利用するデータ移行の際も、旧機種のバックアップを取る必要があります。iTunesを利用してバックアップを取る方法は、以下を参考にしてください。

  1. パソコンでiTunesを立ち上げて「編集」「設定」を進む
  2. その後、「デバイス」「iPad、iPhoneおよびiPadを自動的に同期しない」にチェックを入れる
  3. パソコンと旧機種を接続してiTunesの左上にあるデバイスマークを選択
  4. 「今すぐバックアップ」を選択して完了を待つ

以上の流れでバックアップが完了したら、新機種にデータを移します。

  1. 新機種とパソコンを接続する
  2. iTunesの左上にあるデバイスマークを選択する
  3. 「バックアップを復元」を選択する

以上の流れでデータの移行を待ってください。

iPhoneのデータを移行するときの注意点

iPhoneのデータ移行をするときは、注意点があります。まずは、新旧の機種でデータ移行をする際に、うまく移せないケースがあるということです。新旧の機種のストレージ容量に問題がない、また最新のOSにバージョンアップしても、正常にデータ移行ができない場合は、iCloudやiTunesを使った方法を選びましょう。

前述したように、LINEなど引き継ぎが必要なアプリは、引き継ぎ方法を確認しておくことが大事です。新機種にデータを移行しても、IDやパスワードだけで利用できるものもあれば、引き継ぎが必要なアプリもあります。

特に、日常的に利用するアプリは引き継ぎの有無をチェックしてください。

iPhoneのデータ移行をしてみよう

iPhoneを新たに購入したときは、旧機種からデータを移す必要があります。データの移行方法は3種類あり、ご自身の状況に合わせて選ぶことが可能です。

なお、iPhoneのデータ移行は、事前準備や注意点があります。本記事を参考にして、iPhoneのデータ移行をスムーズに行ってみてください。