Galaxy S21シリーズを徹底解説!性能やカメラスペック、前作との違いなどをご紹介

Androidスマートフォンのなかでも人気機種のGalaxyでは、最新機種としてS21シリーズを展開しています。前作であるS20シリーズからグレードアップした部分もあり、気になっている人もいるのではないでしょうか。

そこで、本記事では Galaxy S21シリーズの性能やカメラスペックなどを徹底解説します。前作との比較もしますので、これからGalaxyの最新機種の購入や契約を検討している人は参考にしてください。

Galaxy S21シリーズの概要

はじめに、Galaxy S21シリーズの概要をご説明します。

Galaxy S21シリーズは3機種ある

Galaxy S21シリーズでは、以下の3機種が展開されています。

・Galaxy S21

・Galaxy S21+

・Galaxy S21 Ultra

以上の機種は、NTTドコモとauが5G対応機種として2021年4月22日から販売しています。なお、Galaxy S21シリーズは2021年1月15日に発表されました。S21シリーズはS20シリーズの後継機種として、最新のチップセットを搭載したりデザインを大幅に変えたりしています。

Galaxy S21シリーズとGalaxy S20シリーズの違い

ここからは、S21シリーズとS20シリーズの違いを、簡単にご紹介します。S21シリーズとS20シリーズで異なる点は以下の通りです。

・デザイン

・ディスプレイのスペック

・プロセッサ

・ストレージやRAMの容量

・外部ストレージ対応

・カメラの機能や構成

以上のように見た目(デザイン)から内部の性能まで変化したことが確認できます。なかでもS21シリーズはSnapdragon888 5Gというプロセッサを搭載しており、順当にアップグレードしています。

さらに最大解像度がフルHD+、メモリは8GBになるなど、スペックが変更されている部分もあります。一方でmicroSDカードに非対応となったり、充電器やイヤホンの同梱がなくなったりした点もあるので注意が必要です。

Galaxy S21の性能やスペック、Galaxy S20との比較

ここからは同系機種ごとに最新機種と前作のスペックを比較していきます。まずはGalaxy S21とGalaxy S20を比べます。

  Galaxy S21 Galaxy S20
画面サイズ 6.2インチ 6.2インチ
カラーバリエーション ファントムバイオレット ファントムピンク ファントムグレー ファントムホワイト コスミックグレー
コスミックピンク
クラウドブルー
ディスプレイ AMOLED
有機ELディスプレイ
AMOLED
有機ELディスプレイ
CPU Snapdragon888 または Exynos 2100 Snapdragon865 または Exynos 990
メモリ(RAM) 8GB 8GB/12GB
ストレージ(ROM) 128GB/256GB 128GB
カメラ 超広角:1200万画素 広角:1200万画素 望遠:6400万画素 超広角:1200万画素 広角:1200万画素 望遠:6400万画素
インカメラ 1000万画素 1000万画素
バッテリー 4000mAh 4000mAh
本体サイズ 151.7×71.2×7.9mm 151.7×69.1×7.9mm
重さ 171g 163g

主要な性能やスペックを比較していくと、画面サイズは変わらずCPUがグレードアップしています。カメラの性能やバッテリー容量は変わりません。重さはS21のほうが重くなっていますが、手に持ったときに違いは感じにくいでしょう。

また、デザインはS21のほうが1種類多くなりました。カラーもS20とは大きく変わり、新鮮さを感じるでしょう。

Galaxy S21+の性能やスペック、Galaxy S20+との比較

次はGalaxy S21+とGalaxy S20+を比較していきます。

  Galaxy S21+ Galaxy S20+
画面サイズ 6.7インチ 6.7インチ
カラーバリエーション ファントムバイオレット
ファントムグレー
ファントムシルバー
コスミックグレー
コスミックブラック
クラウドブルー
ディスプレイ AMOLED
有機ELディスプレイ
AMOLED
有機ELディスプレイ
CPU Snapdragon888 または Exynos 2100 Snapdragon865 または Exynos 990
メモリ(RAM) 8GB 8GB/12GB
ストレージ(ROM) 128GB/256GB 128GB/256GB/512GB
カメラ 超広角:1200万画素
広角:1200万画素
望遠:6400万画素
超広角:1200万画素
広角:1200万画素
望遠:6400万画素
TOFセンサー
インカメラ 1000万画素 1000万画素
バッテリー 4800mAh 4500mAh
本体サイズ 161.5×75.6×7.8mm 161.9×73.7×7.8mm
重さ 202g 186g

S21+とS20+で比較するとCPUとバッテリー容量が異なっています。S21+のほうがバッテリー容量が大きくなっており、その影響からか本体も重くなりました。カメラ性能はさほど変わらないものの、こちらはS20のほうにTOFセンサーが採用されています。

TOFセンサーは被写体との距離を測る補助的なものです。これにより暗所撮影も可能です。

Galaxy S21 Ultraの性能やスペック、Galaxy S20 Ultraとの比較

最後にGalaxy S21 UltraとGalaxy S21 Ultraを比較します。

画面サイズ 6.8インチ 6.9インチ
カラーバリエーション ファントムブラック ファントムシルバー コスミックグレー コスミックブラック
ディスプレイ AMOLED 有機ELディスプレイ AMOLED 有機ELディスプレイ
CPU Snapdragon888 または Exynos 2100 Snapdragon865 または Exynos 990
メモリ(RAM) 12GB/16GB 12GB/16GB
ストレージ(ROM) 128GB/256GB/512GB 128GB/256GB/512GB
カメラ 超広角:1200万画素 広角:1億800万画素 望遠:1000万画素 ペリスコープ:1000万画素 超広角:1200万画素 広角:1億800万画素 望遠:4800万画素 TOFレンズ
インカメラ 4000万画素 4000万画素
バッテリー 5000mAh 5000mAh
本体サイズ 165.1×75.6×8.9mm 166.9×76.0×8.8mm
重さ 228g 222g

S21 UltraとS20 Ultraは本体サイズが多少異なり、S20 Ultraが若干大きくなっています。しかし、本体の重さはS21 Ultraがわずかに重いです。カメラ性能やディスプレイに大きな変化はありません。

Galaxy S21シリーズとGalaxy S20シリーズのどちらを買うべきか

前項までにS21シリーズとS20シリーズの機種を比較しましたが、結局のところどちらを購入するといいか迷う人もいるでしょう。

結論からいうと、これからGalaxyを購入するならばS21シリーズをおすすめします。理由は大幅に変更されてスタイリッシュになったデザイン、最新型のプロセッサを搭載、カメラの撮影能力の向上がS21シリーズにみられるからです。

また、ハイエンドモデルでありながら10万円を切る機種もあります。総合的に考えてS21を選ぶメリットが多いです。

Galaxy S21シリーズを使ってみよう

Androidスマートフォンで人気のGalaxyはS21シリーズが最新機種です。S20よりもグレードアップしており、デザインも大きく変わりました。これからGalaxyを購入する場合は、性能やスペック、価格など総合的に優れるS21シリーズがおすすめです。

ぜひ、S21シリーズを使ってみてください。