iPhone 12シリーズのスペックは?前作と何が変わった?機種ごとの特徴を解説

iPhone12シリーズは2020年10月に発売されました。現行では最も新しいシリーズとなります。今現在で最新機種が欲しい人、新シリーズがでた際に型落ちモデルとして購入したい人などがいると思います。

そこで、本記事では最新シリーズであるiPhone12シリーズについて、それぞれの機種の特徴や前シリーズから変わった点などをご説明します。iPhoneの購入に役立ててください。

iPhone12シリーズの基本情報

iPhone12シリーズは、2020年10月に発売されました。(iPhone12 miniとiPhone12 Pro Maxは2020年11月に発売)前年に発売されたiPhone11シリーズよりも1機種多い、4機種のラインアップがあります。

搭載チップの処理能力が向上したり5G対応になったりなど、前シリーズに比べて大きく変わった点があります。

処理能力に関してはスマホでは最速といわれるA14 Bionicが搭載されており、電流の流れをコントロールするトランジスタ数が前シリーズよりも40%増えています。そのため、同じ消費電力であっても高い計算能力を発揮します。

また、MagSafeと呼ばれる強力な磁石が本体の背面に内蔵されています。MagSafeによりワイヤレス充電をするときに、適切な位置で確実に充電ができるようになりました。

デザインに関してもここ最近のiPhoneシリーズは、全体的に丸み帯びていましたが、iPhone12シリーズは角ばったデザインになっています。iPhone5などを思い出した人もいるのではないでしょうか。

iPhone12シリーズのラインアップと特徴、スペック

ここからは、iPhone 12シリーズのラインアップとそれぞれの特徴やスペックを詳しくみていきます。

iPhone12

ストレージ 64GB、128GB、256GB
液晶サイズ 6.1インチ
カメラ 超広角、広角のデュアルカメラ
光学ズーム 2倍
LiDARスキャナ
ビデオ再生時間 17時間相当
重量 162g
本体カラー ブルー、グリーン、レッド、ホワイト、ブラック
本体サイズ(幅×長さ×厚み) 71.5×146.7mm×7.4mm

iPhone12はシリーズのなかでも、サイズや機能など全体的にスタンダードな機種です。後述するiPhone 12 miniとはサイズが異なるだけとなります。Proシリーズのように高性能なカメラは必要ないものの、大きめの液晶が好みの場合は適するでしょう。

iPhone12 mini

ストレージ 64GB、128GB、256GB
液晶サイズ 5.4インチ
カメラ 超広角、広角のデュアルカメラ
光学ズーム 2倍
LiDARスキャナ
ビデオ再生時間 17時間相当
重量 133g
本体カラー ブルー、グリーン、レッド、ホワイト、ブラック
本体サイズ(幅×長さ×厚み) 64.2×131.5×7.4mm

iPhone12 miniはiPhone12の性能のまま、サイズを小さくした機種です。本体サイズはiPhoneSEよりも小さくなっています。しかしながら、デュアルカメラを搭載しており、高性能な機種といえます。コンパクトなiPhoneが欲しいときは購入を検討してみてください。

iPhone12 Pro

ストレージ 128GB、256GB、512GB
液晶サイズ 6.1インチ
カメラ 超広角、広角、望遠
光学ズーム 4倍
LiDARスキャナ 搭載
ビデオ再生時間 17時間相当
重量 187g
本体カラー パシフィックゴールド、ゴールド、グラファイト、シルバー
本体サイズ(幅×長さ×厚み) 71.5×146.7mm×7.4mm

iPhone12 ProはiPhone12のサイズ感で高性能に仕上げた機種です。特にカメラが高機能であり、光学ズームは4倍まで可能となっています。また、LiDARスキャナが搭載されており、背景のぼかしや暗所でのオートフォーカス、さらにナイトポートレートでの撮影もできます。

iPhone12 Pro Max

ストレージ 128GB、256GB、512GB
液晶サイズ 6.7インチ
カメラ 超広角、広角、望遠
光学ズーム 5倍
LiDARスキャナ 搭載
ビデオ再生時間 20時間相当
重量 226g
本体カラー パシフィックゴールド、ゴールド、グラファイト、シルバー
本体サイズ(幅×長さ×厚み) 78.1×160.8×7.4mm

iPhone12 Pro Maxはシリーズのなかで最も高性能な機種です。価格も高額ですが、性能にこだわりたいときに適しています。液晶サイズも大きく、カメラ性能、光学ズームなどで他機種を上回っています。

iPhone11シリーズとの違い

ここではiPhone12シリーズと前作であるiPhone 11シリーズの違いをみていきます。後継モデル別に違いをご紹介します。

iPhone12、iPhone12 miniとiPhone11の違い

iPhone12とiPhone12 miniはiPhone11の後継モデルであり、以下の点が優れています。

・軽量で薄い

・液晶が有機ELになった

・カメラでより明るく撮影できる

・ビデオ再生時間が延びた(iPhone12 miniはiPhone11よりも短い)

以上のように全体的なスペックが向上しています。

iPhone12 Pro、iPhone12 Pro MaxとiPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxの違い

iPhone12 ProとiPhone12 Pro MaxはiPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxの後継モデルです。前シリーズよりも以下の点が優れています。

・カメラが明るくなった

・手振れ補正の精度が向上した

Proシリーズは前シリーズと比べて、カメラの機能がよくなりました。たとえば、広角カメラが従来のiPhoneのなかでは最も明るく撮影できるようになっています。よりカメラ性能にこだわりたいならば、iPhone12 ProもしくはiPhone12 Pro Maxを選んでみてください。

iPhone12シリーズについて理解しよう

iPhone12シリーズでは4機種がラインアップしています。機種が増えたことで、より自分の好みに合うスマホが選べるようになっています。本記事を参考にして、iPhoneの機種選びをしてみましょう。