日本語|English
*草間彌生について
 
草間彌生

長野県生まれ
画家 彫刻家 小説家

幼少時に見た幻覚へのオプセッションから絵画を描き始め、1957年に渡米、18年間ニューヨークに滞在。1993年ヴェネチア・ビエンナーレ日本代表。アメリカを巡回した回顧展に引き続き、1999年東京都近代美術館において大規模な個展開催。2001年朝日賞受賞、横浜トリエンナーレ出品。

*経歴
 
1957 渡米、巨大な平面作品、ソフトカルプチャー、鏡や電飾を使った環境彫刻を発表する。1960年代後半にはボディーペインティング、ファッションショー、反戦運動など多数のハプニングを行う。 また映画製作や新聞の発行などメディアを使った表現にも着手。
1968   自作自演の映画「草間の自己消滅」は、第四回ベルギー国際映画賞に入賞。第二回アン・アーパー映画祭にて銀賞を受賞。ヨーロッパ各国でも展覧会、ハプニングを行う。
1975   帰国。美術作品の制作発表を続けながら小説,詩集も多数発表。
1983   小説「クリストファー男娼窟」で第10回野生新人賞を受賞。
1993   第45回ベニス・ビエンナーレに参加。
1994   野外彫刻を手がける。福岡健康センター。福岡美術館、ベネッセアイランド直島文化村にFPR製の野外彫刻を、リスボンの地下通路に壁画を制作。
1996   主にニューヨークのギャラリーを中心に活動をはじめ、同年開いた個展は国際美術評論化連盟より賞を受ける。
1998〜1999   ロスアンゼルス・カウンティー・ミュージアムを皮切りに大回顧展がニューヨーク近代美術館、ウォルカーアートセンター,東京近代美術館を巡回。
2000   第50回芸術選奨文部大臣賞、外務大臣賞を受賞。同年、フランス・コンソルシウムで始まった個展はヨーロッパ、アジア6箇所を巡回予定。
2001   朝日賞(朝日新聞文化財団)受賞
2003   フランス政府から芸術文化勲章受賞。